山科区の不動産|KYODOハウジング > 共同土地(株) KYODOハウジングのスタッフブログ記事一覧 > 中古マンション売却の内見件数の平均は?少ないときの対処も合わせて解説

中古マンション売却の内見件数の平均は?少ないときの対処も合わせて解説

カテゴリ:不動産売却について

中古マンション売却の内見件数の平均は?少ないときの対処も合わせて解説

中古マンションの売却を検討する際に、内見件数について心配になる方が多いのではないでしょうか。
どれくらいの件数で売却できるのか、内見希望者が来ないときや少ないときはどうすれば良いのかなどが考えられます。
この記事では、中古マンションが売却できるまでの内見件数について解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

中古マンション売却の平均的な内見件数について

中古マンション売却までの平均的な内見件数は約10件といわれていて、期間は約2〜3か月です。
しかし、2〜3か月のうちに10件の内見が入ったとしても必ず成約するわけではありません。
人気物件であれば、1件で成約の場合もありますが、30件来ても成約に至らないときもあるでしょう。
内見希望者のなかには日当たりの変化などを気にして、複数の時間帯に内見を希望する方もいます。
このように慎重に購入を検討したい方だと、内見回数が増える傾向にあります。
1日の内見可能件数は多くても平均3〜4件、時間は30分〜1時間程度です。

▼この記事も読まれています
不動産売却後に税務署から届く「お尋ね」と呼ばれるハガキとは?

中古マンション売却の内見件数が少ないときの対策について

人気物件であれば内見件数は増えますが、少ないときもあります。
1か月経っても、少ないときは対策を検討する必要があります。
まず、物件価格が適正であるかを再度確認しましょう。
買主はできるだけ安くて、良い物件を購入したいと考えています。
物件価格が相場を上回っていると、内見希望者すら現れないかもしれません。
1年を通して、2〜3月は4月への新生活に向けて不動産が売れやすい時期です。
その一方で真夏や真冬は売れにくい傾向にあるので、内見件数が減ってしまいます。
売却の時期が該当する場合は、変更を検討しましょう。
内見希望者は、中古マンションの掲載写真を見て実際はどうか見てみたいと思って来ています。
しかし、掲載写真に魅力がないときには内見希望者が来ないので写真の変更を検討してみましょう。

▼この記事も読まれています
井戸がある土地を売却する際の適切な対応や売主の責任について解説!

中古マンション売却の内見件数は多いが成約に至らないときの対策について

内見件数は多いのに成約に至らないときは、なんらかの理由があります。
実際に見てイメージと合わなかったと思っている方が多いということです。
たとえば、物件自体が思ったよりも汚い、狭い、築年数にしては劣化しているなどが考えられます。
次に準備が不十分であることが考えられるので、清掃を徹底してみましょう。
中古マンションの売却価格の値下げよりも、ハウスクリーニングのほうが費用が安く済む可能性があります。
中古マンションの内見は、空き室であれば対応の必要はありませんが、居住中であれば売主が実際に対応する必要があります。
内見希望者からの質問などにきちんと答えられているか、疑問や不安を解消できたのか、再度考え直してみましょう。

▼この記事も読まれています
不動産売却で必要になる登記の種類・費用・書類について解説!

中古マンション売却の内見件数は多いが成約に至らないときの対策について

まとめ

中古マンションを売却するに至るまでの内見件数は平均で約10件となっています。
しかし、内見希望者が10件あったからといって必ず売れるわけではありません。
期間が経って、内見もある程度来ているのに売れないときは、価格変更などを検討する必要があります。
京都市山科区の不動産売却ならKYODOハウジングお任せください。
会員様限定の非公開物件情報もございますので、より多くの物件情報をご覧になりたい方は、ぜひご登録のうえご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

KYODOハウジング メディア 担当ライター

京都市・山科区で不動産を探すならKYODOハウジングにおまかせください!弊社スタッフが親切丁寧に皆様をサポートいたします。当サイトのブログでは不動産情報の記事を中心に周辺地域に関連した情報もご提供します。

京都市山科区で不動産売却されたい方はこちら
≪ 前へ|不動産を購入すると課税される都市計画税とは?計算方法や軽減措置も解説!   記事一覧   築40年の一戸建ては売却できるのか?方法とコツをご紹介|次へ ≫

トップへ戻る