山科区の不動産|KYODOハウジング > 共同土地(株) KYODOハウジングのスタッフブログ記事一覧 > 不動産売却の割賦販売とは?メリット・デメリットも解説

不動産売却の割賦販売とは?メリット・デメリットも解説

カテゴリ:不動産売却について

不動産売却の割賦販売とは?メリット・デメリットも解説

不動産売却を検討されている方は、「割賦販売」という売却方法をご存じでしょうか。
この方法には、売主と買主の双方にメリットがあるため、売却前に把握しておくことで役立つでしょう。
今回は、割賦販売とは何か、割賦販売で不動産売却するメリット、デメリットについて解説します。

不動産売却における割賦販売とは

割賦販売とは、不動産を売る際に、売却代金を一括ではなく、分割払いで受け取る方法です。
割賦販売なら、売主と買主が直接契約を結ぶので、ローン審査の心配がありません。
そのため、何らかの事情でローン審査に通らず、自己資産のみで不動産を購入する買主が割賦販売を希望するケースも少なくないです。
また、分割払いであれば、一度に大きな金額を支払う必要がなく、金銭的負担が軽減されます。
売主は、割賦販売で不動産売却することで、買主の幅が広がり、売却の成功確率が高くなるでしょう。

▼この記事も読まれています
不動産売却後に税務署から届く「お尋ね」と呼ばれるハガキとは?

割賦販売で不動産売却するメリット

割賦販売で不動産を売却すると、どのようなメリットがあるのでしょうか。
まず、割賦販売は、先述した通り、一括で支払う必要がなく、買主の費用負担を少なくできます。
次に、再構築不可物件と呼ばれる、建築基準法に適合しない物件や耐震性が低い物件を売り出す際も効果的です。
一般的な売却方法では買い手が見つかりにくいですが、割賦販売なら、買主のニーズに合わせて柔軟に対応できます。
さらに、親族間での不動産の譲渡にも割賦販売は適しています。
親子間での不動産売買はローン審査に通りづらいため、割賦販売を利用するのがおすすめです。
このように、割賦販売は、不動産売却方法のひとつとして、さまざまなメリットを提供します。

▼この記事も読まれています
井戸がある土地を売却する際の適切な対応や売主の責任について解説!

割賦販売で不動産売却するデメリット

割賦販売で不動産を売却する場合、所有権移転登記のタイミングが難しいです。
所有権移転登記のタイミングを誤ると、売主が損をする可能性が高いので注意が必要です。
また、割賦販売は贈与とみなされる可能性があり、贈与税が課税される場合があります。
とくに親族間での割賦販売は、無利子にするケースも少なくないため、贈与と見なされやすいです。
割賦販売には、このようなデメリットも存在するため、特別な理由がない場合は一般的な不動産売却をおすすめします。

▼この記事も読まれています
不動産売却で必要になる登記の種類・費用・書類について解説!

割賦販売で不動産売却するデメリット

まとめ

割賦販売とは、売却代金を一括ではなく分割払いで受け取る方法で、再構築不可物件や親族間の不動産譲渡に適しています。
しかし、割賦販売には所有権移転登記に関するリスクや贈与税を課されリスクなどのデメリットもあります。
そのため、特別な理由がない場合は、一般的な不動産売却を検討するのが良いでしょう。
京都市山科区の不動産売却ならKYODOハウジングへ。
不動産の相続や住宅に関するご相談も承っておりますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

KYODOハウジングの写真

KYODOハウジング メディア 担当ライター

京都市・山科区で不動産を探すならKYODOハウジングにおまかせください!弊社スタッフが親切丁寧に皆様をサポートいたします。当サイトのブログでは不動産情報の記事を中心に周辺地域に関連した情報もご提供します。

京都市山科区で不動産売却されたい方はこちら
≪ 前へ|2024年【創業50年】山科区の不動産売却なら共同土地株式会社   記事一覧   住宅ローンで余ったお金はどうするべき?オーバーローンについても解説|次へ ≫

トップへ戻る