山科区の不動産|KYODOハウジング > 共同土地(株) KYODOハウジングのスタッフブログ記事一覧 > 中古マンションでもリースバックはできる?通常の売却との違いも解説

中古マンションでもリースバックはできる?通常の売却との違いも解説

カテゴリ:不動産売却について

中古マンションでもリースバックはできる?通常の売却との違いも解説

リースバックとは現在所有している物件を専門の業者に売却し、その利益を受け取りつつも一定の費用を支払うことで、物件を借りる形で引き続き住み続けることができる売却方法です。
自宅から退去することなくまとまった資金を得られる方法として近年注目を浴びています。

本記事では、中古マンションでもリースバックはできるのか、通常の売却方法との違いを解説します。

中古マンションの売却にリースバックは利用できるのか

リースバックは、所有する物件を売却し資金を得た後も、その物件を賃貸住宅として継続的に利用する仕組みです。
この手法は、住み慣れた場所を離れたくない方や、資産を有効活用したい方に適しています。
ただし、中古マンションにおいては、リースバックが可能な物件には限りがあります。
条件にはさまざまな要因が影響しており、都心や駅近、築浅のマンションは比較的リースバックの条件が良い傾向があります。
近隣には充実した買い物施設があり、大規模な改修がおこなわれていたりするマンションも条件が良くなることがあります。
ただし、立地だけでなく、築年数や間取り、設備、管理状態なども条件に影響します。
査定額は市場価格よりも低くなる可能性が高く、賃料も相場よりも高くなることがあります。
そのため、リースバックを検討する際には、物件の状況や将来の見通しを慎重に考慮する必要があります。
中古マンションでもリースバックは可能ですが、条件やメリット・デメリットを十分に理解してから利用することが重要です。

▼この記事も読まれています
境界標を復元したい方へ!境界標を復元する方法と費用をご説明します

売却とリースバックの違いについて

引き続き物件に住み続けることができるという点は大きな違いの一つです。
通常の売却の場合は次に住む場所を探さなければなりませんが、リースバックは売却後も引き続き物件に住み続けることができます。
引き続き居住可能という点に加えて、お金の流れの点でもやや異なります。
金額の面では買取価格が安い傾向があるうえ、その後住み続ける場合も相場と比較して高めの家賃を支払うことになる可能性があります。
月々の負担が高くなる可能性がある一方で、リースバックの場合は固定資産税を支払う必要が無くなります。

▼この記事も読まれています
県境に建てた家の税金や住民登録はどの自治体の管轄?固定資産税も解説

リースバックをおこなううえでの注意点

リースバックを検討する際に、まず、管理組合の承認が必要な場合があります。
管理組合は、マンションの共用部分や設備の管理をおこなう団体です。
管理組合の規約によっては、リースバックを禁止している場合があります。
そのため、事前に管理組合に相談し、承認を得る必要があるか確認しましょう。
次に、立地の変化に注意する必要があります。
リースバックをおこなうと、売主から賃借人に立場が変わります。
そのため、周辺環境や物件の価値が変化した場合、退去を求められる可能性があります。
たとえば、都市計画や再開発などで物件の価値が上昇した場合、買主から高額な家賃を請求されるかもしれません。
また、災害や事故などで物件の価値が下落した場合、買主から解約を迫られるかもしれません。
そのため、リースバック契約の内容や期間をよく確認し、将来的なリスクを把握する必要があります。

▼この記事も読まれています
土地分筆時の最低敷地面積とは?最低敷地面積の調べ方や売却法も解説!

リースバックをおこなううえでの注意点

まとめ

リースバックはうまく活用すれば手元に資金を残しつつ住み慣れた家に住み続けることができるため、近年注目されています。
中古マンションの売却を検討されている方は、ぜひ視野に入れてみてはいかがでしょうか。
京都市山科区の不動産売却ならKYODOハウジングへ。
不動産の相続や住宅に関するご相談も承っておりますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

KYODOハウジングの写真

KYODOハウジング メディア 担当ライター

京都市・山科区で不動産を探すならKYODOハウジングにおまかせください!弊社スタッフが親切丁寧に皆様をサポートいたします。当サイトのブログでは不動産情報の記事を中心に周辺地域に関連した情報もご提供します。

京都市山科区で不動産売却されたい方はこちら
≪ 前へ|ローン審査が通りにくい中古マンションとは?3つの特徴をご紹介   記事一覧   新築一戸建ての購入時におこなう登記の種類とは?費用も解説|次へ ≫

トップへ戻る