山科区の不動産|KYODOハウジング > 共同土地(株) KYODOハウジングのスタッフブログ記事一覧 > 不動産を売却する際に知っておきたい按分について解説

不動産を売却する際に知っておきたい按分について解説

カテゴリ:不動産売却について

不動産を売却する際に知っておきたい按分について解説

不動産を売却するにあたって、いくつか把握しておくべ手続等があります。
場合によっては、按分についても理解しておく必要があるでしょう。
ここでは、不動産売却における按分の概要や必要なケース、注意点についてご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産を売却する際に按分が必要なケースとは

土地だけを売却する場合や、建物のみ売りたい場合は問題ありませんが、両方を売る際は按分が必要になります。
按分とは、土地と建物の割合を決めることです。
この割合によって、売主と買主にさまざまな違いが出てくるため、慎重に決める必要があるのです。
土地を売る場合、基本的には消費税はかかりませんが、建物を売った際は消費税がかかります。
そのため、売主の立場になれば、土地の割合が多いほどメリットがあることになります。
買主の立場になれば、建物の割合が多くなれば特別控除を受けることができるので、このほうが良いと感じられるのです。
このような理由があるため、按分については、しっかり検討し話し合いをすすめていくことが求められるのです。

不動産を売却する際の按分方法について

決め方は一つではありませんので、良いと思う方法ですすめていくことができます。
時価で決める方法をはじめ、固定資産税評価額によって決める方法、不動産鑑定士に依頼しておこなうやり方があります。
どちらもそれぞれメリットがあるのですが、なかでも多くの方が選んでいるのが、固定資産税評価額によって決めるやり方です。
理由はいくつかあるのですが、両者がもめにくいという良さもあります。
より細かい部分を考慮した判断をしてほしい場合は、費用が高くなってしまいますが、不動産鑑定士に相談するのも良いでしょう。

不動産売却時おこなう按分の注意点とは

不動産売却時におこなう按分の注意点として、買主と売主間で不公平にならない方法を選択することが挙げられます。
たとえば、按分をする際に、どのように価格を分けるかによってそれぞれの消費税負担額が違います。
売主は消費税を納税する必要があり、買主は納税後に控除が可能であるため、両者間でしっかりと納得したうえで按分方法を選択すると良いでしょう。
価格が偏ることによって発生するトラブルを未然に防ぐためにも、それぞれが納得できる按分方法を選択することを注意点として意識しておくべきです。

不動産の売却で按分する際の注意点とは

まとめ

不動産の売却をおこなう場合、土地と建物を一緒に売ることもありますが、この場合は按分が必要になります。
土地と建物の割合を決めることであり、注意点として両者が納得できる按分方法を選択することが重要です。
割合によって、売主と買主それぞれのメリットが異なるため事前に確認しておきましょう。
KYODOハウジングでは、京都市山科区の不動産売買に関するご相談を承っております。
非公開物件情報を知るための会員登録や、不動産売却に関する査定相談は、ぜひ当社までお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|遠方の不動産を売却しよう!立ち会いの必要性や現地入りを避ける方法を解説   記事一覧   不動産売却の際に注意したい公簿売買について解説|次へ ≫

トップへ戻る