山科区の不動産|KYODOハウジング > 共同土地(株) KYODOハウジングのスタッフブログ記事一覧 > 離婚を機に任意売却するなら!離婚前に知っておきたいポイントを解説

離婚を機に任意売却するなら!離婚前に知っておきたいポイントを解説

カテゴリ:不動産売却について

離婚を機に任意売却するなら!離婚前に知っておきたいポイントを解説

離婚を機に不動産を任意売却したほうが良いのかどうか悩まれている方も少なくないでしょう。
離婚前に売却をするのか、離婚後に売却するのかによって、リスクが異なるので注意が必要です。
そこで今回は、離婚を機に任意売却をするメリット、任意売却をするなら離婚前のが良い理由について解説します。

離婚を機に任意売却をするメリット

まず、任意売却とは、住宅ローンが残っている場合に、一括返済をせずに家を売却する方法です。
離婚をしたからといって、必ずしも任意売却を推奨しているわけではなく、仲介で売却することも可能です。
しかし、オーバーローンの状態であれば任意売却をおすすめします。
オーバーローンの状態とは、不動産を売却しても、住宅ローンを完済できないことを指します。
また、一刻も早く不動産を売却して関係を解消したい方も任意売却が向いているでしょう。
そして、任意売却のメリットは、競売よりも高く売れる可能性があることです。
競売では、市場価格の8割程度にしかならないケースがほとんどですが、任意売却では、一般の売却と同じ方法で売り出すため、高く売れる可能性が高いです。
さらに、任意売却は、30万円程度の引っ越し費用をもらえるケースもあり、金銭的負担を軽減できます。

▼この記事も読まれています
不動産売却後に税務署から届く「お尋ね」と呼ばれるハガキとは?

任意売却をするなら離婚前のが良い?

離婚を機に任意売却を検討している際は、離婚前に進めることをおすすめします。
なぜなら、離婚後は連絡がつかなくなる可能性があり、売却の手続きが進みづらくなるからです。
また、離婚後も家を売却せずに毎月ローン返済すると、共倒れする恐れがあります。
新生活を圧迫したり、連帯保証人であるどちらか一方に一括支払いの請求が来てしまったりと、トラブルの元となりやすいのです。
これらの問題を避けるためにも、離婚前に任意売却の手続きを進め、共倒れの状況を避けることが重要になります。
さらに、離婚協議と一緒に、任意売却についても話し合うこともおすすめします。

▼この記事も読まれています
不動産売却で必要になる登記の種類・費用・書類について解説!

任意売却をするなら離婚前のが良い?

まとめ

任意売却とは、住宅ローンが残っている場合に、一括返済をせずに家を売却する方法です。
メリットは、競売よりも高く売れる可能性があることで、オーバーローンの状態、一刻も早く関係を解消したい方におすすめです。
そして、離婚後は連絡がつかなくなる可能性があり、売却の手続きも進みづらくなるため、離婚前に任意売却をすると良いでしょう。
さらに、離婚後も家を売却せずに毎月のローン返済を続けると、共倒れする恐れがあるので注意が必要です。
京都市山科区の不動産売却ならKYODOハウジングへ。
不動産の相続や住宅に関するご相談も承っておりますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

KYODOハウジングの写真

KYODOハウジング メディア 担当ライター

京都市・山科区で不動産を探すならKYODOハウジングにおまかせください!弊社スタッフが親切丁寧に皆様をサポートいたします。当サイトのブログでは不動産情報の記事を中心に周辺地域に関連した情報もご提供します。

京都市山科区で不動産売却されたい方はこちら
≪ 前へ|二世帯住宅の不動産が売れにくい理由とは?売却のコツをご紹介   記事一覧   2024年【創業50年】山科区の不動産売却なら共同土地株式会社|次へ ≫

トップへ戻る