山科区の不動産|KYODOハウジング > 共同土地(株) KYODOハウジングのスタッフブログ記事一覧 > 駅遠の中古マンションを売却しにくい理由と高く売るポイントとは?

駅遠の中古マンションを売却しにくい理由と高く売るポイントとは?

カテゴリ:不動産売却について

駅遠の中古マンションを売却しにくい理由と高く売るポイントとは?

中古マンションを売却する際には最寄り駅からの距離によって価格に影響が生じやすいですが、駅遠マンションでも高くなるケースがあります。
この記事では、駅から遠いと売れにくくなる理由と、駅遠でも高くなるケースの特徴やポイントなどをご説明するので、中古マンションの売却をお考えの方はお役立てください。

弊社へのお問い合わせはこちら

駅遠の中古マンションを売却しにくい理由

駅から何分以上だと駅遠マンションに該当すると明確に定義されていませんが、最寄り駅から徒歩15分以上かかると駅遠マンションと呼ばれるのが一般的です。
住居を探すときに立地は重要な選択条件になり、エリアを選ぶのと同じように、最寄り駅からの距離をチェックしたうえで購入する方が多くなります。
最寄り駅から徒歩10分以内の駅近マンションは人気があり価格が高めでも売れやすいですが、駅遠マンションは人気が低いため価格を低くしなければならない傾向にあります。
駅遠のマンションに住んだことがある方は、駅から15分も歩くのをデメリットと感じ、希望のエリアから外れてでも駅近のマンションを探すようです。

▼弊社が選ばれている理由はスタッフにあります
スタッフ一覧

駅遠でも高く売却できる中古マンションの特徴

近くにバス停があるなど通勤や通学に便利だと、駅から多少遠くても値下がりしづらく、好条件での売却に期待が持てます。
学校や公園などが近く、子育て支援があるなど子育て環境が整っていると、駅から遠い中古マンションでも高く売れやすくなります。
また、スーパーマーケットやコンビニ、ドラッグストアなどが近くにあり、暮らしやすい環境が整っている場所は高値で売れる特徴の一つです。
周辺が再開発された場所や今後おこなわれる予定があるケースでは、地域一帯の価値が上がるので高くなるでしょう。
防犯性が高いと安心して暮らせるので女性の単身者世帯などに人気があり、高額で売れやすくなります。

▼弊社が選ばれている理由はスタッフにあります
スタッフ一覧

駅遠の中古マンションを高く売却するポイント

物件の劣化や欠陥箇所を専門家が検査して修繕のアドバイスなどを行うホームインスペクションをおこなうと、欠陥や問題がない証明になり買い手に安心感を与えられるでしょう。
同じマンションの中で別の部屋が売り出されているときは、同じような居住条件での価格競争になるのでタイミングを外したいところです。
また、中古マンションでは値引き交渉がおこなわれることが考えられます。
値引き交渉されるのを想定して、査定額の1割程度高い価格で売り出すのもポイントでしょう。
さらに、同じマンションの中で別の部屋が売り出されているときは、同じような居住条件での価格競争になるので売り出しのタイミングをずらすのもおすすめです。

▼弊社が選ばれている理由はスタッフにあります
スタッフ一覧

駅遠の中古マンションを高く売却するポイント

まとめ

一般的に駅から徒歩15分以上離れていると駅遠と呼ばれ、デメリットに感じる方が多く売れにくい傾向にあります。
しかし、買い物できる店舗が多い、駅への交通アクセスが良いなどのメリットがあると好条件での売却も期待できます。
ホームインスペクションの利用や、売り出すタイミングを見極めると高く売れる可能性もあるでしょう。
京都市山科区の不動産売却ならKYODOハウジングお任せください。
非公開物件情報を知るための会員登録や、不動産売却に関する査定相談は、ぜひ弊社までお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

KYODOハウジング メディア 担当ライター

京都市・山科区で不動産を探すならKYODOハウジングにおまかせください!弊社スタッフが親切丁寧に皆様をサポートいたします。当サイトのブログでは不動産情報の記事を中心に周辺地域に関連した情報もご提供します。

京都市山科区で不動産売却されたい方はこちら
≪ 前へ|マンションの窓のリフォームは許可が必要?メリットと注意点をご紹介!   記事一覧   不動産買取におけるトラブルについて解決策や回避するための方法とは|次へ ≫

トップへ戻る