山科区の不動産|KYODOハウジング > 共同土地(株) KYODOハウジングのスタッフブログ記事一覧 > 不動産物件の売却を決めたらまず確認すること!【山科区】

不動産物件の売却を決めたらまず確認すること!【山科区】

カテゴリ:不動産お役立ち情報


不動産価格という言葉をご存知でしょうか。

 

家や土地の売却を考える際は、似たような条件の物件がどのくらいの価格で取引されているのか、その相場を調べる必要があります。

 

ここでは物件の売却を検討している方に知っておいていただきたい、不動産価格相場の基本的な調べ方を紹介します。


 不動産の相場


相場を知ることが売却の第一歩

 

不動産物件は1つとして同じものは無く、個別性の高い商品です。

 

定価が無いため、相場よりも安い価格で売ってしまうリスクがあります。

 

不動産価格の査定は不動産会社に依頼するのが一般的ですが、売却価格を決めるのは売主です。

 

不動産会社へ相談する前に、不動産価格の相場を可能な範囲で調べて、価格イメージを持っておきましょう。

 

物件情報サイトで調べる

 

まず見ていただきたいのはインターネットの物件情報サイトです。

 

物件情報サイトで、近隣の条件が似た物件の価格をチェックしましょう。

 

以下の項目が最初にチェックする基本的な条件です。

 

・立地・アクセス

 

・築年数

 

・専有面積

 

・間取り

 

もし余裕があれば、追加的に次の項目も調べることをおすすめします。

 

・住環境

 

・周辺の利便施設

 

・小中学校区

 

京都市山科区では最寄り駅と、駅からのアクセスが物件価格を左右しがちですので、立地とアクセスは重視しましょう。

 

条件が似ていて広さが異なる物件があれば、坪単価や平米単価を使うことで相場が分かります。

 

その場合は似たような条件の物件の坪単価・平米単価を割り出し、売却したい物件の坪数・平米数を乗じてください。

 

なお、物件情報サイトで見られる価格は売主の希望する売却価格(売り出し価格)であり、実際の成約価格とは異なります。

 

最終的には売主と買主の交渉で価格が決まるためです。

 

インターネットや広告を利用して不動産価格を調べる時は注意してくださいね。

 

スマホでインターネット


公的サイトで市場動向を調べる

 

この他に公的サイトで京都市山科区の過去の取引価格を調べ、市場の動向をつかむ方法もあります。

 

サイト名と閲覧できる項目を挙げますので、参考にしてください。

 

・国土交通省「不動産取引価格情報検索」:土地と建物両方の実際の取引価格、公示地価、基準地価

 

・不動産流通機構(国土交通大臣指定)「不動産流通標準情報システム」:マンション、戸建ての成約価格情報や過去2年間の市場動向

 

・国税庁「財産評価基準書路線価図・評価倍率表」:公示地価を目安に国税庁が定めた標準的な土地の平米単価

 

まとめ

 

ここでは売却を不動産会社に相談する前に、不動産価格の相場をどのように調べるかを紹介しました。

 

ご自身の所有する物件の価値を正しく把握し、適正価格のイメージをつかんで売却に臨みましょう。

 

私たちKYODOハウジングでは、無料売却査定も行っておりますので、ぜひ売却価格の参考にしてみてください。

 

難しい売却や不動産価格相場ですが、当社がサポートいたしますので、お気軽にご相談ください

 

≪ 前へ|不動産を売却するには!?買取とは何!?   記事一覧   売却査定とは!?基礎知識をご紹介【山科区】|次へ ≫

トップへ戻る